地球環境と財布に優しいリサイクルトナー

リサイクルトナーの取り扱い:1

このページではリサイクルトナーを使用・保管する際に注意しておくべきことをご紹介します。販売されているトナーは純正品・リサイクルを問わず 「注意事項」が記載されています。この注意事項に記載されている内容を守らずに乱暴に扱ったり、正しい使用方法を守っておかないと、万が一使用中に「印字が薄い(or濃ゆすぎる)」、「インク滲みが出来る」といった不具合が生じた場合に リサイクルトナーについて
はじめてリサイクルトナーをお使いの方も安心してお使いできるよう、女性スタッフがしっかりサポートしていると安心ですね。

リサイクルトナー保存時の取り扱い

リサイクルトナーを故障・不具合なく使うためにも、カートリッジを箱にも入れずそのままの状態で日光が直接当たる場所に置くのは避けるのが得策です。日の光に長時間当てることは問題がある、と梱包されている箱に明記されているとは思いますが、万が一取り扱い方法、確認を怠り、万全の環境で保存をしていない場合には、いくら新品に近い状態でリサイクル処理を行ったとしても故障する可能性があります。基本的にインク全般の管理は直射日光、高温多湿な部屋での保管を避けるようにするのが常識であり、保存状態の悪さが直接プリンターの印字に現れることになります。

リサイクルトナー開封した後の注意

リサイクルトナーは野菜などの生もの・食べ物とは違うのは当たり前ですが、梱包から取り出した後の保管、使用方法については少しだけ注意しておくべきでしょう。通常、リサイクルトナーがお客様の手元に届けられる前の時点で、タンクに充填されているインクが搬送時の衝撃で外部に漏れないよう、シールで封印されています。このシールが梱包から取り出してから確認した時に剥がれていると、内部のトナーインクが外部に漏れていないとしても、リサイクルトナー内部の機器にインクが染み出している可能性があります。こればかりは搬送者、引いてはリサイクル業者の責任 であり、消費者にはどうしようもないことなので、改めて新しいリサイクルトナーを搬送してもらいましょう。業者側の不備であれば無料で新しいリサイクルトナーに変えてもらうことができるでしょう。トナーシールに関してもう一つ言っておくと、箱から出したばかりのリサイクルトナーをすぐに使うのはやめ、プリンターに設置する前にタンク内のトナーがタンク内側に固着している可能性を考え、トナーシールが張られたままの状態で持ち上げ、上下左右に数回振ってインクをタンク内に馴染ませましょう。こうすることで、インクの出口にトナーが詰まることがなくなりますし、印字もスムーズに行えるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

岡山 デリヘル

メンズエステ 渋谷

五反田 デリヘル

池袋 メンズエステ

2016/5/27 更新